topimage

2017-10

出産の当日の話 part1 - 2014.09.14 Sun


 
今回お産でお世話になった病院
 
 
とういのときもお世話になった育良クリニックでした
 
 
 
助産師さん主体でお産を進める産院で、
あくまでも自然分娩を心掛けている病院なので無痛分娩などはありません
 
だから痛い…
だから苦しい…
 
でも、自然に任せて産むのは
私には合ってるのかな、と
 
 
そんなわけで
妊娠が発覚した際はすぐにこちらでの出産を決めました
 
 
 
ただ、陣痛でピークの痛みに耐えている時は毎回
「なんで私は無痛分娩にしなかったんだ私のバカバカ
と心で思っちゃうんだけどね
 
 
 
 
出産の二日前に妊婦健診があって、
診て頂いたのですが
その際はまだ産まれるまで少し時間がかかるかな
という話だったので
 
私の予想では10日くらいかななんてのんびり構えてました
 
 
 
出産当日、
朝とういを幼稚園に送り出し、主人と食料品を買いに出ようと話していた矢先…
破水
 
 
 
でも陣痛は全くない
 
産院に電話をして、すぐ来るよう言われたのですぐ身支度を整えて産院へ
 
 
 
診察している最中もやはり大した陣痛がなくて、
余裕の表情だった私
 
 
 
先生に
「このまま順調に進むといいね」
と言われた時も
「でも今は全然陣痛がないんですよ、大丈夫ですかね」
なんて笑顔
 
 
 
 
が、
 
 
 
 
入院の部屋に入り、
少しだけ前駆陣痛スタート
 
 
 
でもまだ余裕
 
 
 
お腹が空いたからご飯買ってきてと主人におねだり
 
主人も助産師さんもいなくなった頃
一人で部屋にいる間に段々陣痛が強くなっていく
 
 
がまだ前駆陣痛、余裕
 
 
 
夫が戻り、痛みに時折顔を歪めつつも食事をとっていると
助産師さんが見に来て、
「順調に進んでますね
 
 
その後主人が一旦荷物など取りに自宅に戻ることになり
12時くらいからまたしばらく一人で部屋にいると…
 
 
 
痛い
 
 
 
陣痛はどんどん進行
 
 
 
 
一人で時計を見ながら、かなり痛いけれどまだバラツキがあったので助産師さんも呼ぶことなく
う~ん
う~ん
と唸りながら耐えていました
 
 
 
ずいぶん痛みが激しくなって来た頃助産師さんが来て
「あらかなり陣痛進んでいますか
 
 
 
考えて見たら、
前駆陣痛でも痛みが強くなって来た時点で助産師さんに声をかければ良かったんだよね
 
 
 
この辺り、経産婦のいらぬ余裕だったか
 
 
 
 
 
続く
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

出産当日の話 part2 «  | BLOG TOP |  » お七夜

プロフィール

太田詩音

Author:太田詩音
太田詩音Officialブログ

タレント、ラジオDJ、レポーター、MC、役者、ヒロットマッサージセラピスト(国家資格保持)、英語教諭

10代に「プチセブン」などの雑誌モデルとしてデビュー。
その後MTVで番組VJ、バラエティやドラマ、映画、情報番組MC、ラジオDJ等として活動


特技:英語(TOEIC950点、英検1級)、チェロ、
ヒロットマッサージフィリピン国家資格保持

趣味:料理、カメラ、写真、写真編集など

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1310)
料理 (75)
レシピ (37)
息子5歳 (23)
息子4歳 (7)
家族 (14)
仕事 (2)
胸臆 (16)
ペット (23)
マタニティ 出産 (5)
お弁当 (83)
娘 0〜3ヶ月 (5)
娘4〜6ヶ月 (7)
娘11〜18ヶ月 (5)
娘7〜10ヶ月 (13)
お気に入り (21)
wedding (6)
ファッション (10)
Kid's fashion (2)
離乳食 (1)
beauty (3)
兄妹 (2)
ヒロット (0)
美味しいもの (13)
娘1歳〜1歳半 (4)
息子6歳 (2)
娘1歳半〜2歳 (4)
息子7歳 (1)
娘2歳〜3歳 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR