FC2ブログ
topimage

2018-11

花、花 - 2018.11.14 Wed


 
 
わたしの母
また
友人たちに貰った
誕生日のお花たち
 
 
 
 
 
おかげで
部屋がパッと明るく
温かく感じます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お花たちはピンク系でラベンダー色が
入っている感じがほとんどでした
 
別々に頂いたのに似た色合いなのは
皆の私のイメージなのかな
それともお花屋さんの「誕生日」のイメージなのなかな
 
 
 
黄色の元気な色合いも
ピンク系の女性らしい色合いも
どちらもとても好きです
 
 
 
ちなみに
母からのお花は花瓶付きで
お花屋さんから届きました
花瓶に入った状態での配送ってあるんだね
 
 
 
 
 
心ある皆の想いに
感激です
 
 
 
スポンサーサイト

誕生日 - 2018.11.14 Wed


 
 
昨日はわたしの誕生日でした
 
 
 
 
昨日は夫も忙しく
基本的には日常通りの誕生日
朝からお弁当、娘の送り、ちょっと仕事して
一息ついたらすぐまたお迎え
などなど
 
 
 
 
息子は寝る前に
「ママ今日ほとんど普通の日じゃなかった?」
と申し訳なさそうに言ってきたのだけど
 
 
 
お花やプレゼントをもらったし
朝、夫が誕生日の飾り付けもしてくれて
 
 
夫が誕生日ディナーに
連れて行ってくれて
 
 
子どもたちがおめでとう
と言ってくれて
 
 
友人などからお祝いメッセージ
頂いて
 
 
娘が王冠を被らせてくれて
 
 
 
 
 
 
  
 
 
それってとても良い誕生日だな
って思います
 
 
 
 
 
若いうちは
パーティだったり、
0:00ぴったりに本当に沢山のメールが来て携帯が鳴りっぱなしだったり、
友人と騒いだり、
豪華なディナーをしたり、
そういう「特別」な事が多かった誕生日
 
 
でも平穏な誕生日を迎えるって
とても幸せなことかもしれない
 
 
 
パーティがなくても、新しい一年を新たな気持ちで迎える
0時にメールや電話がなくても、友人たちが自分のことを思っていてくれていると自信を持っていられる
友人と騒がなくても、穏やかに「おめでとう、友人になってくれてありがとう」と言ってもらえる。子どもたちに「おめでとう」と騒いでもらえる
豪華なディナーをしなくても、大切な人たちと美味しいものが食べられる
それって
本当の意味で「特別」なのだなと想うのです
 
 
 
 
毎日の
小さな事
 
 
そばにいる
人たち
 
 
テーブルの上の
美味しいもの
 
 
元気で楽しそうな
子どもたち
 
 
 
 
 
 
こういうものが、派手でなくても、
本当の意味で「幸せなこと」なんだな
って気付くことが出来る
そんな「幸せ」に感謝してます
 
 
 
 
 
 
 
夫が飾り付けてくれたデコレーション
天井のライトなどと相まって
笑ってるみたいだね
 
 
 
 
 
 
 
 
お祝いのメッセージを送っていただいた皆様
ありがとうございます
幸せ、頂きました
 
 
 
 
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

太田詩音

Author:太田詩音
太田詩音Officialブログ

タレント、ラジオDJ、レポーター、MC、役者、ヒロットマッサージセラピスト(国家資格保持)、英語教諭

10代に「プチセブン」などの雑誌モデルとしてデビュー。
その後MTVで番組VJ、バラエティやドラマ、映画、情報番組MC、ラジオDJ等として活動


特技:英語(TOEIC950点、英検1級)、チェロ、
ヒロットマッサージフィリピン国家資格保持

趣味:料理、カメラ、写真、写真編集など

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1702)
料理 (86)
レシピ (37)
息子5歳 (23)
息子4歳 (7)
家族 (18)
仕事 (2)
胸臆 (19)
ペット (23)
マタニティ 出産 (9)
お弁当 (83)
娘 0〜3ヶ月 (5)
娘4〜6ヶ月 (7)
娘11〜18ヶ月 (5)
娘7〜10ヶ月 (13)
お気に入り (23)
wedding (7)
ファッション (11)
Kid's fashion (2)
離乳食 (1)
beauty (4)
兄妹 (2)
ヒロット (0)
美味しいもの (15)
娘1歳〜1歳半 (4)
息子6歳 (2)
娘1歳半〜2歳 (4)
息子7歳 (1)
娘2歳〜3歳 (2)
夫 (1)
次男 0〜6ヶ月 (7)
次男6か月〜1歳 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR