FC2ブログ
topimage

2018-03

アイランドホッピング ② - 2018.03.31 Sat


 
 
アイランドホッピングでまず向かうのは
 
 
 
ナルスアン
 
 
 
Fish Sanctuary と言って
海洋保護区なので
お魚が沢山
 
 
 
 
 
 
 
 
息子くんは幼い頃から
よくシュノーケリングをしていたため
久しぶりのシュノーケルに夢中
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サポートの船長さんがいるので
安心
でもおかげでどこまででも行ってしまう
 
 
 
 
 
妊婦ではありますが
慣れていることもあり
(娘妊娠中もよくやっていたり)
少しだけ私も
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ…
3人目はお腹が大きいからか
あるいは年齢か
すごく息が上がるのです
そのためほんの10-15分で断念
でも
結構お魚は見られました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
娘もパパとチャレンジするも
波が怖くて断念
息子は3歳でがんがんに
シュノーケルをしていたけど
さすがに女の子は怖いかな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
娘は船の上からお魚鑑賞
 
 
 
 
 
 
 
 
ナルスアンは入島料が値上がりしていて
今は1人300ペソ
これは現地価格で考えると結構高い
 
だいたいタクシーでマクタンから
マンダウエまで行って(約一時間くらい)
300ペソ-400ペソ
だからね
 
 
 
 
ちなみにこれは上陸しないで
側の海でシュノーケリングしている場合でも
同じなので
なんなら上陸して歩いたり、
桟橋からお魚を見たりした方が良いかも
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

アイランドホッピング① - 2018.03.31 Sat


 
 
 
セブの醍醐味の1つといえば
やはり
アイランドホッピングです
 
 
 
国家資格の更新が完了して
今度こそ
旅気分でアイランドホッピングへ
 
 
 
 
今回はちょっと贅沢に
大きめのバンカーボートを貸し切りました
セブに住んでいた時は
いつもお友達を呼んで皆んなで乗っていた
10人乗りのバンカーボート
今回は家族4人のみ
本当贅沢~
 
 
 
 
お願いしたのは
セブに住んでいた頃から使っていた
Island Banca
という会社
値段は1人幾らではなく
大型バンカーボート一艘で6500ペソ
(13000¥ほど)
 
 
最近は地元の人は
もう少し安価な会社を使うそうなんですが
妊娠中という事もあり
以前からよく知っていて
かつ、丁寧でスタッフがみんな良い人な
こちらに
 
 
 
 
乗船すると
子どもたちは早速ボートのソファにゴロン
 
 
 
 
 
 
 
 
偉そうに
 
 
 
 
 
 
 
 
リラックスして思わず
このふてぶてしい寝そべり方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夫は船首で撮影に勤しむ
最近嬉しい事に
写真で多くのご依頼があったり
国際コンクールで入賞していることもあり
旅=撮影の好機会
になってます
 
 
 
 
 
 
 
 
向かうは
 
ナルスワン
(魚が沢山いる)
パンダノン
(白い砂浜広がる島)
 
 
 
 
 
 
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

太田詩音

Author:太田詩音
太田詩音Officialブログ

タレント、ラジオDJ、レポーター、MC、役者、ヒロットマッサージセラピスト(国家資格保持)、英語教諭

10代に「プチセブン」などの雑誌モデルとしてデビュー。
その後MTVで番組VJ、バラエティやドラマ、映画、情報番組MC、ラジオDJ等として活動


特技:英語(TOEIC950点、英検1級)、チェロ、
ヒロットマッサージフィリピン国家資格保持

趣味:料理、カメラ、写真、写真編集など

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1581)
料理 (82)
レシピ (37)
息子5歳 (23)
息子4歳 (7)
家族 (17)
仕事 (2)
胸臆 (16)
ペット (23)
マタニティ 出産 (9)
お弁当 (83)
娘 0〜3ヶ月 (5)
娘4〜6ヶ月 (7)
娘11〜18ヶ月 (5)
娘7〜10ヶ月 (13)
お気に入り (21)
wedding (7)
ファッション (11)
Kid's fashion (2)
離乳食 (1)
beauty (3)
兄妹 (2)
ヒロット (0)
美味しいもの (14)
娘1歳〜1歳半 (4)
息子6歳 (2)
娘1歳半〜2歳 (4)
息子7歳 (1)
娘2歳〜3歳 (2)
夫 (1)
次男 0〜6ヶ月 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR