topimage

2017-07

おやすみ - 2017.04.26 Wed


 
 
どんな大変な日でも
 
 
 
どんなに生意気な事を言って私を怒らせた日でも
 
 
 
どんなに「いやいや」が加速した日でも
 
 
 
 
どんなに部屋中に物を撒き散らかされても
 
 
 
 
どんなに余裕がなくて思わずため息した日でも
 
 
 
 
 
どんなに自分の時間が欲しいと思ったとしても
 
 
 
 
 
 
眠ろうとした時に
こんなすがたを見たら
 
 
 
 
 
 
どんな事にも、時間にも、自由にも、
本当に
どんな物にも
 
 
 
 
この子たちを超える価値はない
 
 
 
 
 
と想ってしまう
 
 
 
 
 
 
それが母っていう生き物
 
 
 
 
 
 
おやすみなさい
いい夢を
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

絆のパイプ - 2016.04.22 Fri


 
 
 
今夜は仕事があり、
ひいなが生まれて初めて約6~7時間授乳間隔が空く予定
 
 
 
1歳7カ月
今迄は長くても4時間以内には授乳をしていたから
これが卒乳のきっかけになるかな
 
 
 
 
卒乳すると色々自由になる
反面
ちょっと淋しい気持ちにもなります
 
 
 
 
 
昔、母と子は3歳くらいまでは
おへそとおへそが見えないパイプでつながってる
って聞いたことがあるの
 
 
 
 
絆のパイプなのかな
 
 
 
 
だからかな
授乳する場合
あるいはなんらかの事情で母乳ではなくフォーミュラでミルクをあげる場合も
 
自分の身体、お腹近くに子どもを寄せて
ミルクを飲ませていることで
子どもとの安心感や安らぎ
「深いつながり」
を感じるのかな
 
 
 
 
 
 
あ、でもそれなら添い寝でもいいのか(笑)
 
 
 
 
 
 
6歳の息子もなにかあれば抱きついてきて、しばらくギュッてされているととても落ち着く、安心する、痛みやしんどさもなくなるみたい
 
 
 
 
 
41歳になった私でも
時に母にギュッてされると
落ち着くもんな~
 
 
 
 
 
絆のパイプ
 
 
 
 
 
本当は一生物
なのかもね
 
 
 
 

かけがえのない不自由 - 2016.04.10 Sun


 
「親にとって子どもって自分以上なの!」
 
 
とクレヨンしんちゃんの映画の宣伝で言っている
 
 
私の周りで遊ぶ子ども達を見ながら
「そうだな~」
とぼんやり想う
 
 
 
そうなんだよね
 
 
 
子ども達は自分以上
 
 
 
 
いつから自分よりもこの子達が大切になったのかな
 
 
 
お腹に宿った時からかな
 
産まれたばかりの貴方達を胸に抱いた時かな
 
小さな身体で、まだふにゃふにゃなのにおっぱいを一生懸命飲む姿を見た時かな
 
初めて笑顔を見せてくれた時かな
 
 
 
 
 
たぶん、
その全ての瞬間に触れていくうちにどんどんどんどん
私自身以上の存在になっていったんだと思う
 
 
 
 
 
 
考えてみれば
 
 
 
 
 
子ども達がお腹に宿った時から
ハイヒールは靴箱に眠ったまま
 
 
 
今迄度々通っていたエステ
滅多に行けなくなったな
 
 
 
季節ごと、気分ごとに楽しんだカラーリング
今ではすっかりナチュラルカラー
 
 
 
昔は
「戦隊物を見るとか無理だわ~」
と言っていたのだけど
今では息子と対等に語り合えるくらい詳しくなった
 
 
 
朝が苦手、朝ごはん、場合によっては昼も特にいらない派
だった私が今では子ども達より早起きで
ごはんはしっかり派
 
 
 
休みの日にはぼんやりと
好きな音楽を聴きながら本を読み、うたた寝をし、
窓の外をただ眺めてゆっくりとした時間を楽しんだけど
今ではぼんやりするのは子ども達が眠ってから自分が疲れて眠るまでのほんの1,2時間あるかないか
 
 
 
大好きなワンピース
今ではワンピースを着る時の基準は娘に母乳をあげられるか
 
 
 
 
 
 
沢山の変化があった
 
 
 
 
 
 
でも子ども達と走り回るために揃えたフラットシューズの数々は
履き心地もいいし可愛い
 
 
 
エステはなかなかいけないけど
普段から手早く効率的にケアをする事が上手くなったし
私の顔に頬を寄せる息子には
「気持ちいい」
と言ってもらえる
 
 
 
カラーリングは出来ないけど、
そのおかげで自分のナチュラルな髪色が美しい事を再発見出来た
 
 
 
戦隊物はよくよく見れば工夫が個性的だなとかプロットも面白いなとか
色々考えられてるんだな
なんて気付かされる
何より、息子と対等に話が出来るのは楽しい時間
 
 
 
起きるのが辛い朝も起きてしまえば1日がとても有効に活用できて、とても満ち足りている
リズムいい毎日だからか体調も良くて早起きって素敵だなと想う
 
 
 
今でも自分時間は時々とても恋しい
でも
隣で幸せそうに眠る娘の寝息をBGMに本を読むひと時や
バカな踊りや歌を歌い踊る息子のロック魂にエネルギッシュに動いて大笑いするひと時は
どんな安らぎにも勝ると想う
 
 
 
 
それ以上に
 
 
 
 
子ども達の日々の変化
日々の成長、
日々の進歩、
笑顔、泣きべそ、香りの変化にいたるまで
小さな、些細なものまでも見ていられる
 
 
摘めなかった小さなものが、あっ摘めた、そんな瞬間
 
スクールバスから降りてきた時のほんの少し悲しげな顔に今日何かあったな
って気づける
 
届かなかったものに手が届くようになったその日
 
掛け算が突然理解出来た瞬間
 
初めてでんぐり返しが出来た瞬間
 
大きくなったと思っていたのに、ふいに甘えて私の胸の中で浮かべる安堵の表情を見る瞬間
 
 
 
 
側にいるからこそ、子ども達を見ているからこそ
見逃さないでいられる
 
 
 
ぼんやりしていて見逃してしまうより
どれほど貴重か
と想う
 
 
 
 
 
 
考えてみれば
 
 
 
 
そのうち今は諦めている数々の事をまた出来るようになるんだよね
 
 
その日はずっとずっと先というほどでもない
私のベビー達がベビーでいてくれる時間なんて
長くないんだよな
と想うと逆に今から淋しかったりして
 
 
 
 
 
 
もう~ママママうるさ~い!
お前は「ママ」を売る行商人か!!
 
と想う時もあるけど、
実際はいつまで
ママ~I love you、ママ~いい匂い、ママ~見て~ママ~ママ~ママ~ママ〜って騒いでくれるのかな
 
 
 
 
 
 
夜中目覚めてふえ~んママ~ママ~ママ~と隣で眠る私にしがみついてきて
ミミ(ミルクのこと)、ミミと母乳を飲みながら立てるゴキュゴキュという音は
いつまで聞いていられるかな
 
 
 
 
 
 
 
人間必要とされてるうちが花なんだものね
 
 
 
 
 
 
 
ママより大事なガールフレンドが出来て、サッサとデートにいく君を見たら
私はやっぱり寂しいのかな
 
 
 
 
好きな人に傷つけられて泣く貴女を見たら、傷つくほど人を好きになれた貴女がもう自分の手から離れてしまったなと感じるのかな
 
 
 
 
 
 
 
今、このひと時
 
 
不便が沢山
 
自分時間は皆無
 
自由もないね
 
朝から晩まで走り回って気づいたら1日が終わってる
 
朝から晩までふと気づくとご飯は何を作るか、ばかり考えてる気がする
 
疲れてきて、つい強く叱り過ぎたあとに自分を嫌いになってしまったり
 
あまりに忙しくて、ふ~とため息が出る事もあるな
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもね
 
どんな日にも、沢山怒った日だって
2人が眠る時にはI love you世界一の男の子、I love you世界一の女の子としっかり伝え、
I love you mommy
あぶー(I love you)
を2人からもらう事が出来る自分は
満更悪い母でもない
と自負している
 
 
 
 
 
そしてそんな言葉がもらえることを
誇りに想う
 
 
 
 
 
 
どんな自由よりも
 
このひと時の不自由の方が
 
私には貴重なんだ
 
 
 
 
 
 

子供時代 - 2016.03.22 Tue


 
 
 
昨日ヒロットのセラピーでお逢いしていた方は偶然にも私の小学生の時の先生
 
 
長い期間ではなかったらしいけど、
かすかに私の記憶にも先生の事が残っています
 
 
 
 
 
そんなRさん
「こんなの見つけたのよ」
写真を見せてくれたの
 
 
 
 
 
私の小学生の時のクラス写真
 
 
 
 
 
 
 
私も持ってなかったな、こんなの
 
 
 
本当に懐かしいです
 
 
 
 
 
懐かしい想いの中、
ふいにセブにいた頃のとういと私の写真を見返してみる
 
 
 
 
 
ほんのこの間だったように思うのに
私の腕の中に埋もれるとういが
なんだかとても小さくて
まだまだ赤ちゃんのよう
 
 
 
 
 
 
 
 
最近は
1日1日があっと言う間に過ぎてしまうし
つい日々の仕事や家事に追われて
ゆっくりと子供達を見つめるのを忘れてしまうけど
 
小さな頃
 
そういう大変で、
でもこの上なく愛しい時期は過ぎていくのも早いんだよね
 
 
 
 
子育て中は時々、
あーもう
となることだってあるし
 
1人の時間が欲しくて切なくなったり
 
計画通りに行かなくてため息だったり
 
ママには特に思うようにならない事が沢山出てしまう
 
 
 
 
 
でも、考えてみれば子供たちの幼い時代はほんの一瞬
 
 
 
 
 
今は
 
大好き大好き
と頰ずりして来たり
 
ハグして来たり
 
転んだら泣きながら抱きついてきたり
 
頭を撫でていたら気持ち良さそうに目を細めていたり
 
 
 
 
でも大きくなっていくとこういう事
あまり出来なくなるんだよね
 
 
 
 
そう思うとこれは今のうちだけ、
長い数十年のうちの
ほんの数年
 
 
 
 
 
大切に
大切に
していきたいな
と改めて想うのです
 
 
 
 
 
 

当たり前の事 - 2016.03.11 Fri


 
 
 
シュシュにキスされると
キャッキャッ
たのしそうに笑うひいな
 
 
 
コトリにキスされ大泣きしちゃった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも泣き顔も愛しい
 
 
 
 
 
 
それにしてもコトリに舐められ大泣きするのは
やはり
猫の舌の「ザリザリ感」が嫌なのかな
 
 
 
 
 
そして、こうした
日常の一コマに出逢っても
 
当たり前のことを
当たり前に楽しんだり、悲しんだり
それが出来る日々がいかに尊いか
 
を改めて考えさせらてしまう今日という日です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

太田詩音

Author:太田詩音
太田詩音Officialブログ

タレント、ラジオDJ、レポーター、MC、役者、ヒロットマッサージセラピスト(国家資格保持)、英語教諭

10代に「プチセブン」などの雑誌モデルとしてデビュー。
その後MTVで番組VJ、バラエティやドラマ、映画、情報番組MC、ラジオDJ等として活動


特技:英語(TOEIC950点、英検1級)、チェロ、
ヒロットマッサージフィリピン国家資格保持

趣味:料理、カメラ、写真、写真編集など

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1259)
料理 (73)
レシピ (36)
息子5歳 (23)
息子4歳 (7)
家族 (14)
仕事 (2)
胸臆 (14)
ペット (23)
マタニティ 出産 (5)
お弁当 (83)
娘 0〜3ヶ月 (5)
娘4〜6ヶ月 (7)
娘11〜18ヶ月 (5)
娘7〜10ヶ月 (13)
お気に入り (20)
wedding (6)
ファッション (10)
Kid's fashion (2)
離乳食 (1)
beauty (3)
兄妹 (2)
ヒロット (0)
美味しいもの (13)
娘1歳〜1歳半 (4)
息子6歳 (2)
娘1歳半〜2歳 (4)
息子7歳 (1)
娘2歳〜3歳 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR